テーマ「彼は優しいと言うよりウザイ」

 日本語には「おせっかい」と言う言葉があります。
辞書を引くと"meddlesome"と言う単語が出てきますが、
Nativeスピーカーでも聞いた事無い単語のようで、いくら
「おせっかい」のニュアンスを伝えてもそれらしい単語が
ないようなのです。

 つまり、海外には「親切すぎて迷惑」と言う発想は筆者の
知る限り見当たりません。
 日本じゃ無茶苦茶良くある気持ちなんですが…(^-^;)

 次の文句は丸暗記して、kindとannoyingのとこだけ
好きに入れ替えて喋って下さい。

 今日のテーマは

「彼は優しいと言うよりウザイ」

です。

--------------------------------------
He is not so much kind as annoying.
 (ヒーイズ ノットソーマッチ カインド アズ アノイン)
--------------------------------------

 「おせっかい」を説明するようなフレーズですね。
 まぁ筆者は一生言われる事のない言葉なんですけどね(^-^;)

ではまた明日。 See you tomorrow〜(^-^)/"

バックナンバー
10 11 12 13 14 
15 16 17 18 19 
20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 
30 31 32 33 34 
35 36 37 38 39 
40 41 42 43 44 
45 46 47 48 49 
50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 
60 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 
70 71 72 73 74 
75 76 77 78 79 
80 81 82 83 84 
85 86 87 88 89 
90 91 92 93 94 
95 96 97 98 99 
100 101 102 103 104 
105 106 107 108 109 
110 111 112 113 114 
115 116 117 118 119 
120 121 122 123 124 
125 126 127 128 129 
130 131 132 133 134 
135 136 137 138 139 
140 141 142 143 144 
145 146 147 148 149 
150 151 152 153 154 
155 156 157 158 159 
160 161 162 163 164 
165 166 167 168 169 
170 171 172 173 174 
175 176 177 178 179 
180 181 182 183 184 
185 186 187 188 189 
190 191 192 193 194 
195 196 197 198 199 
200 201 202 203 204 
205 206 207 208 209 
210 211 212 213 214 
215 216 217 218 219 
220 221 222 223 224 
225 226 227 228 229 
230 231 232 233 234 
235 236 237 238 239 
240 241 242 243 244 

英語は学習する前に方法を検討すべし!

あなたは今、英語学習しているのだと思います。きちんと目標は設定されていますか?そして 学習方法は確かなものを利用していますか?ガムシャラに学習しているといつか壁にぶち当たります。 その学習方法によっては一生それ以上伸びないかも?と思わす人も居ます。 例えば英文をひたすら丸暗記するような学習方法。実際これを勧めているような学習教材も多いのですが、 これは自分で英文を作る学習方法ではないので、その人の覚える量と忘れる量がイコールになったその日から、 つまりその人の暗記力次第で伸びが止まります。英語を使う環境に恵まれていなければすぐにその日は やってくるでしょう。しかし、目標が海外旅行でちょっと店員さんにものを尋ねるくらいならこれで十分。 何も文法を根詰めて頑張る必要もありません。 英語の学習方法を語るイングリッシュパークではこの辺を 細かく解説。その目標、現レベル、目標とする学習分野などに分けて、あなたなりの学習方法を煮詰める 良い参考になると思われます。是非『英語学習方法をレベル別に!イングリッシュパーク』にアクセス下さい。

渋谷の英会話サークルがその授業方法を全国に販売!?

当サイト管理者は渋谷に土日、英会話サークルを運営したりしていますが、その授業方式は何と 日本全国の教員に販売されています。悲しい事に日本は1:Mで黒板の前で先生が1人で喋り続け、たまに 生徒に質問しては答えさせるような授業が余りに浸透してしまいました。しかし海外では、生徒がグループを 作り相互的に学習し、質問があれば先生が駆けつけるような生徒主体の授業は決して珍しくありません。 日本の講師達はそんな方法を聞いた事はあってもどのように進めればいいのか到底イメージがつかないのです。 しかし、英会話サークル、渋谷のコージーイングリッシュ はそれを行っています。大抵はゲーム形式で生徒同士を競わせたり楽しませたりして私と親友のAlainが そのサポートをすると言う形。人数も多くて10名程度なので全員に目が行き渡ります。 初参加の方の大部分は「こう言うやり方もあるんですね」と思います。友達も出来るので楽しい!と言う 方も多いです。あなたもこの英会話サークルを体験しに渋谷までいかがですか?

-->