テーマ「夕食おごります」

 そろそろ今年も終わりですね。(^-^)
 8月から配信し続けているこのメルマガなので150回目
くらいになりますが、みなさんはいくつくらい覚える事が
出来たのでしょうか。

 今日のテーマは

「夕食おごります」

 です。「私はあなたに夕食をおごります」なのですが、
この「おごる」と言う動詞、日本人と感覚が違って使いにくい
のです。ご存知ですか?

--------------------------------------
I'll treat you to dinner.
 (アイル トリートュー トゥ ディナー)
--------------------------------------

 そう、「おごる」はtreat、日頃「面倒をみる」と言う意味で
使う動詞です。

 しかしtoは「〜へ」と言う意味なので、ニュアンス的には
dinnerへ連れて行って面倒をみます」的なところなので
しょうか?どうも日本語と関連づけにくい英語です。

 でもNativeさんは結構使います。
 なので、聞く時くらいは意味判るようにしておきましょう。

ではまた明日。 See you tomorrow〜(^-^)/"

バックナンバー
10 11 12 13 14 
15 16 17 18 19 
20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 
30 31 32 33 34 
35 36 37 38 39 
40 41 42 43 44 
45 46 47 48 49 
50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 
60 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 
70 71 72 73 74 
75 76 77 78 79 
80 81 82 83 84 
85 86 87 88 89 
90 91 92 93 94 
95 96 97 98 99 
100 101 102 103 104 
105 106 107 108 109 
110 111 112 113 114 
115 116 117 118 119 
120 121 122 123 124 
125 126 127 128 129 
130 131 132 133 134 
135 136 137 138 139 
140 141 142 143 144 
145 146 147 148 149 
150 151 152 153 154 
155 156 157 158 159 
160 161 162 163 164 
165 166 167 168 169 
170 171 172 173 174 
175 176 177 178 179 
180 181 182 183 184 
185 186 187 188 189 
190 191 192 193 194 
195 196 197 198 199 
200 201 202 203 204 
205 206 207 208 209 
210 211 212 213 214 
215 216 217 218 219 
220 221 222 223 224 
225 226 227 228 229 
230 231 232 233 234 
235 236 237 238 239 
240 241 242 243 244 

あなたの学習方法は英語レベルと吊り合っていますか?

中学1年の時、管理者の英語教師は生徒に英英辞典を勧めました。英語を教える立場になった私が今思えば・・ 「馬鹿じゃん?(^-^;)」です。日常英語もままならない単語量の生徒が何故英英辞典なのでしょうか? 「自分はこんなレベルが使えるのよ?凄いでしょ?」とアピールしたかっただけにしか私には思えません。 実のところ、英英辞典は日本語と英語のニュアンスの違いを知りたい時に物凄く重宝します。 「certain:ある、特定の」を日本語のフィーリングで使っていたらきっとある日、Nativeスピーカーさんに 眉をひそめられる日が来ます。和英辞典では解決出来ないでしょう。しかし中学生…いや、管理者的には TOEIC800点越えても「必要な時のみ利用すべし」です。その必要なタイミングが判らないレベルでは使わないのが良いと思います。 このように人のレベルを弁えず自慢を含めた学習方法を勧める人が多すぎます。そこで 英語学習方法をレベル別に語るイングリッシュパークと 言うサイトを作りました。是非ご自身の学習方法の参考になさってください。

英会話サークルは渋谷のコージーイングリッシュ。

渋谷での英会話サークル、コージーイングリッシュをご存知ですか? 所詮英会話サークルと舐めるなかれ!実はこのサークル、全国に英会話の「教え方」教材も販売しているのです。 当サイト管理者はカナダにて、日本公教育授業の陳腐さを思い知りました。教える事自体に彼らは情熱を燃やして こそ居るのですが、基本的に杓子定規な教え方しかされて来なかった為にその枠から飛び出す発想も勇気も養われて 来なかったのです。
しかし英会話サークルなら何でも試せます。数々の英会話学習ゲームを発案し、何度も試して失敗改良を繰り返し、 その実績をとうとう全国教員に販売するに至りました。 そう、これから日本の英語教育は渋谷英会話サークルを中心にインターネットを通じてどんどん変わっていくのです。 変わっていかなければいけないのです!あなたもその歴史の発信側になってみませんか?

-->