テーマ「ほっといてくれ!」

 「ほっといてくれ!」ってよく思いません?

 アフィリエイターも一種の自営業。自営業の先人には
「サラリーマンの頃の収入と比べるな」って良く言われます。

 なのに学生時代のサークル仲間と呑んでいると、
「そんな収入で生きていけるの?」
って言われます。それこそ「ほっといてくれ!」って感じです。

 さて、今日のテーマ

「ほっといてくれ!」

 ですが、「私を放ってください」のままでは日本語丸出し。
外人さんは「私を一人にして去ってください」と言う言い方を
します。

 と言う訳で・・・

--------------------------------------
Just leave me alone!
 (ジャスト リーヴミー アローン!)
--------------------------------------

 別にJustは無くてもいいです。
見るからに良く使いそうなフレーズですよね?

 思った時には是非呟いてみてください。
Just leave me alone! (-_-メ)

ではまた明日。 See you tomorrow〜(^-^)/"

 

バックナンバー
10 11 12 13 14 
15 16 17 18 19 
20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 
30 31 32 33 34 
35 36 37 38 39 
40 41 42 43 44 
45 46 47 48 49 
50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 
60 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 
70 71 72 73 74 
75 76 77 78 79 
80 81 82 83 84 
85 86 87 88 89 
90 91 92 93 94 
95 96 97 98 99 
100 101 102 103 104 
105 106 107 108 109 
110 111 112 113 114 
115 116 117 118 119 
120 121 122 123 124 
125 126 127 128 129 
130 131 132 133 134 
135 136 137 138 139 
140 141 142 143 144 
145 146 147 148 149 
150 151 152 153 154 
155 156 157 158 159 
160 161 162 163 164 
165 166 167 168 169 
170 171 172 173 174 
175 176 177 178 179 
180 181 182 183 184 
185 186 187 188 189 
190 191 192 193 194 
195 196 197 198 199 
200 201 202 203 204 
205 206 207 208 209 
210 211 212 213 214 
215 216 217 218 219 
220 221 222 223 224 
225 226 227 228 229 
230 231 232 233 234 
235 236 237 238 239 
240 241 242 243 244 

英会話サークルは日加共催、渋谷のコージーイングリッシュへ!

今や日加共催の渋谷英会話サークル、コージー・イングリッシュの発端は思えば2001年、カナダ・バンクーバーでの1つの出会いが 発端だったのかも知れません。英語修行の日本人YOSHIは格安の英会話クラブで生徒としてカナダ人Alainに会いました。 その時、私も彼も、プロレスを一緒に楽しめる友達を探していたのです。子供っぽい理由ですが、気が付けば既に6年以上、 一緒にピザを食べながらプロレスを鑑賞し、談義した関係は今も続き、今度は舞台は日本、東京の渋谷。 YOSHIの運営する英会話サークル、コージーイングリッシュにAlainはほぼ毎回出席してくれる事になったのです。 やはり現場の発音に毎回出会えると言うのは強い!そして彼の独特な明るいキャラクターも強い! 東京で大手サークルに潰されずに3年続いている珍しい英会話サークルですが、ここで彼らには 絶対負けようの無い武器を手に入れました。と言うより、1レッスンを日加共催、英会話スクールだってこの質には 簡単には勝てませんよ? 英会話サークルなら渋谷の日加共催、コージーイングリッシュで決まりです