テーマ「背中がかゆい」

 みなさんはペットとかを飼ってらっしゃいますか?
私の家は猫派なのですが、暖かくなる頃からノミが出始めます。
ノミ刺されは直りに時間が掛かるので大変です。

 カナダに居た時、ルームメイトにエチオピア人が居たの
ですが、私が体中ノミに刺されて苦しんでいる隣で1回も
刺された事がないと言って笑っている彼。
ノミが相手を選んでいる?

 そんな暮らしにリンクしまくった今日のフレーズ。

「背中がかゆい」

--------------------------------------
I have an itch on my back.
 アイハブ アン イッチ オンマイバェック
--------------------------------------

 直訳は「私は背中にかゆみを持っています。」です。

My back itches.

でもOK。日頃から英語に触れようと思っていると意外と
使う表現かも知れませんね。(^-^)

ではまた明日。 See you tomorrow〜(^-^)/"

バックナンバー
10 11 12 13 14 
15 16 17 18 19 
20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 
30 31 32 33 34 
35 36 37 38 39 
40 41 42 43 44 
45 46 47 48 49 
50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 
60 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 
70 71 72 73 74 
75 76 77 78 79 
80 81 82 83 84 
85 86 87 88 89 
90 91 92 93 94 
95 96 97 98 99 
100 101 102 103 104 
105 106 107 108 109 
110 111 112 113 114 
115 116 117 118 119 
120 121 122 123 124 
125 126 127 128 129 
130 131 132 133 134 
135 136 137 138 139 
140 141 142 143 144 
145 146 147 148 149 
150 151 152 153 154 
155 156 157 158 159 
160 161 162 163 164 
165 166 167 168 169 
170 171 172 173 174 
175 176 177 178 179 
180 181 182 183 184 
185 186 187 188 189 
190 191 192 193 194 
195 196 197 198 199 
200 201 202 203 204 
205 206 207 208 209 
210 211 212 213 214 
215 216 217 218 219 
220 221 222 223 224 
225 226 227 228 229 
230 231 232 233 234 
235 236 237 238 239 
240 241 242 243 244 

コミュニカティブ・メソッドに基づいた渋谷の英会話サークル

コミュニカティブ・メソッド…ご存知ですか?例えば日本古来の学校で行われていた一斉授業をグラマティカル ティーチング、世の英会話教室でNativeが行う授業はダイレクトメソッドが主流(繰り返しが主なので)。 コミュニカティブ・メソッドはどちらかと言うと海外の移民者などが交流を作りながら楽しんで、 使いながら英語を覚えていく言わばコミュニティ+コミュニケーションに比重を置くメソッドです。 とは言え、このメソッドの運営にはアイデアが全て。毎回どんな活動で楽しみながら英語を覚えるのか、 渋谷の英会話サークル、コージー・イングリッシュはそんな活動を行っている稀有の、日本ではどう考えても1つしかないと思われる英会話サークルになります。 みなさんも渋谷が通える範囲ならご来場を一考してみてはいかがですか?