テーマ「割り勘にしましょう!

 ポットラックパーティってご存知ですか?
パーティとは名ばかりで、毎日のように行われてるもので、
ポイントは「各参加者が『自分が飲み食いする分』だけの酒、
ツマミを持ち寄り」、開催者すら自分の分しか用意せず、
飲んで食べるのです。

 もちろん他の人のツマミやドリンクに手出してもOK。
ただルールがあります。
「自分が持ってきたくらい」に手を出していいんです。
そして理屈的には、「全員が自分の持って来た分を飲んで食べる
のだから、パーティ終了時には丁度みんなお腹一杯、テーブルも
ちょうど食べ切って後片付けも簡単(^-^)v

 僕は今年の花見、自分の英語サークルにてこれを実践しようと
してその仕組みを伝え、「自分の分だけ持って来てね?」と
告げました。

 しかし、予想通り…(-_-;)最初に来たいつも気使いまくる
某メンバーは自分の必要量の3倍持参。

 「だって足りなくなったら嫌だし…(;_;)」

 そしてその他の人も会場に来てから「じゃあ今から買って
来ますね〜♪」とか言って、皆持ち帰って来るものは各自の
必要分以上。隠して今年も代々木公園のカラスは幸せな春を
送ったのでした。


 長くなりましたが、割り勘は日本と韓国?少数派の文化。
飲まない人が損するなんてありません。
 あっちの人なら「俺の金で飲むなお前!?」になります。
でも「割り勘」に相当するフレーズはみなさんも知ってる
フレーズでOK。

--------------------------------------
Let's go fifty-fifty.
 (レッツゴーフィフティフィフティ)
--------------------------------------

 50:50、フィフティフィフティは今や日本語ですよね。
問題はgo fifty-fiftyのgoだけ。熟語と思って下さい。

 そして今度の飲み会、絶対集金時に思い出して下さいね。
心の中だけでもいいので。


と言う訳で
ではまた明日。 See you tomorrow〜(^-^)/"

バックナンバー
10 11 12 13 14 
15 16 17 18 19 
20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 
30 31 32 33 34 
35 36 37 38 39 
40 41 42 43 44 
45 46 47 48 49 
50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 
60 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 
70 71 72 73 74 
75 76 77 78 79 
80 81 82 83 84 
85 86 87 88 89 
90 91 92 93 94 
95 96 97 98 99 
100 101 102 103 104 
105 106 107 108 109 
110 111 112 113 114 
115 116 117 118 119 
120 121 122 123 124 
125 126 127 128 129 
130 131 132 133 134 
135 136 137 138 139 
140 141 142 143 144 
145 146 147 148 149 
150 151 152 153 154 
155 156 157 158 159 
160 161 162 163 164 
165 166 167 168 169 
170 171 172 173 174 
175 176 177 178 179 
180 181 182 183 184 
185 186 187 188 189 
190 191 192 193 194 
195 196 197 198 199 
200 201 202 203 204 
205 206 207 208 209 
210 211 212 213 214 
215 216 217 218 219 
220 221 222 223 224 
225 226 227 228 229 
230 231 232 233 234 
235 236 237 238 239 
240 241 242 243 244 

土日に渋谷近辺でいい英会話サークルがあります。

みなさん忙しいです。何で日本人ってこんなに雇用者に弱いのでしょうか? でもそんな日本だからこそ土日英会話サークルに出席したい人は多いのではないですか? コージー・イングリッシュは渋谷で 土日に開催しております。その活動内容は独特。超初心者用のゼロから学ぶ1限目、全レベル 和気あいあいとゲームなどで学ぶ2限目、中級者が英語を「使う」事を目標においた3限目があり、 途中参加、退出も自由!他サークルでは中々友達になりにくい初級者と上級者がかならず親しめる 場所が作られています。確固たるリーダーが文法などで不明な部分も教えているので、その形式が向いている 人にはとても居心地よく学べる英会話サークルになっています。